相続手続きについて

相続登記は「いつまでにしなくてはいけない」という期限はありません。
しかし、売却をおこなう前提として、相続登記を省略することはできません。
さらに、新たな相続が発生した場合に、必要書類の取得が困難になったり、相続関係も複雑になることもあります。

相続財産が借金しかなかった場合、相続放棄を考えると思います。
しかし、相続放棄は相続開始を知った時から3ヶ月以内に裁判所に申述をしなくてはいけないと定められております。

相続人の1人が行方不明になってしまったというケースも少なくありません。
亡くなった方の名義のままにしてしまったために、余計な時間、費用がかかりこともありますので、相続手続きはお早めにされておくことおすすめいたします。

また「遺言書が見つかった」「相続放棄を検討している」など相続登記のみならず、相続一般に関するご質問も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

相続登記の必要書類

亡くなった方(被相続人)について

 戸籍謄本等     死亡の記載のある戸籍謄本から、出生近くまでの
 除籍謄本・原戸籍謄本
 住民票除票     死亡の記載があるもの(本籍地の記載が必要です)

 

相続人となられる方について

 戸籍謄本  相続人全員
 住民票  不動産を取得される方のみ
 遺産分割協議書

 遺産分割協議をおこなった場合(実印の押印が必要です)

 当事務所で作成もいたします

 印鑑証明書

 遺産分割による場合に必要

 有効期限はありませんので、古くても使用できます

※戸籍謄本や住民票は、同一戸籍、同一世帯1枚で全員分掲載されている場合は1通で大丈夫です。 

 

その他

 対象不動産の固定資産評価証明書  市区町村役場の固定資産税課で取得
 対象不動産の登記簿謄本  
 対象不動産の権利証  

 

手続きの内容によっては、上記以外の書類(遺言書等)が必要になることがあります。
また、印鑑証明書、権利証以外の書類については当事務所で取得できます。

相続登記手続きの流れ

相談受付、ご依頼受託

当事務所へお電話(045-633-7260)もしくはメールにて、お気軽にご連絡ください。
ご都合のよいときに来所いただくが、こちらから伺わさせていただきます。
遠方の方についても、対応方法がございますのでお問い合わせください。
相続人・遺産の状況、遺言書の有無を確認し、相続登記についてご説明させていただきます。
メールでの予約はこちらから

 

bullet034.gif

相続人の調査

相続登記に必要な戸籍謄本等を取り寄せ、相続人を確定させます。
(取り寄せは当事務所で取得することもできます)

 

bullet034.gif

遺産分割協議

ご依頼内容に応じて、遺産分割協議書を作成し、相続人全員に署名・捺印(実印)をいただきます。
また、遺産を取得される相続人は委任状に署名・捺印をいただきます。

 

bullet034.gif

相続登記の申請(不動産名義変更の申請)

管轄法務局へ相続登記の申請をおこないます。
申請後1週間から2週間程度で登記が完了いたします。
当事務所ではオンライン申請に対応しているため、登録免許税(印紙代)が最大4,000円お安くなります。

 

bullet034.gif

完了書類のお渡し

相続書類一式、登記識別情報(従来の権利証にかわる書類)をお渡し、もしくはご郵送いたします。

 

相続登記の費用

内容によって異なってきますので、事例にてご説明いたします。

 

<事例>

相続対象の不動産は、土地1筆・建物1筆の2筆
土地・建物の固定資産税評価は合計1,000万円
相続人は配偶者・子供2名の計3名
配偶者が全て相続する場合

種  別

報  酬

(税抜)

登録免許税、印紙他

 登記申請
(協議書、相続説明図込)
 54,000円  40,000円
(固定資産税評価額×0.4%)
 戸籍謄本等取得
(1通につき)
 1,200円  300円〜850円
 評価証明書取得  2,400円  
 事前謄本  600円  674円
 登記事項証明書  2,000円  960円
 郵送手数料
(完了書類をお客様へ返却)
 1,000円  

※司法書士報酬については、不動産の数、固定資産税評価額、相続人の数、遺言書の有無等内容によって異なります。

※港北出張所(管轄は港北区、都筑区)以外での申請、戸籍取得する役所への郵送手数料等別途かかりますので、ご了承下さい 。

※総額10万円〜20万円以内がほとんどです。

→お問い合わせフォームはこちらです