株式会社設立の登記

株式会社は設立の登記をおこなうことで、法人格を取得できます。
司法書士は機関設計から設立の登記まで、お手伝させていただくことができます。
その後、税金のご相談や許認可の申請が必要な場合は、当事務所では税理士・行政書士をご紹介させていただくことが可能です。

 

株式会社設立は自分で登記申請をすることもできますが、書類の作成・定款認証・法務局への認証等面倒なことも多く、書類に不備があった場合に法務局へ何回も足を運ばなければならないことあります。
また費用の面でも。電子定款やオンライン申請が可能なため、メリットがあります。

 

設立登記費用

 

当事務所での場合

自分でおこなう場合

 登録免許税

150,000円

150,000円

 定款認証手数料

約52,000円

約52,000円

 定款印紙代

0円

40,000円

 謄本(1通)

480円

600円

 印鑑証明書(1通)

450円

450円

 報酬(税抜)

約45,000円

0円

 合 計

約252,000円

243,050円

※資本の額等内容によって、登録免許税が増加、報酬が増加することがあります。
※謄本、印鑑証明書を2通以上必要な場合、金額が増加します。
※費用が高額なため、事前入金をお願いいたします。

→お問い合わせフォームはこちらです

株式会社設立において、ご用意いただく書類

発起人(出資者)全員の印鑑証明書 定款認証時発行後3ヶ月以内 各1通
役員になられる方全員の印鑑証明書 設立時(登記申請時)発行後3ヶ月以内 各1通
発起人代表者個人の預金通帳 現在、利用のもので大丈夫です。
資本金の振込口座となります。
 
会社の実印 商号調査後作成していただきます。  
身分証明書 運転免許証等
発起人、役員全員確認させていただきます。
 

※発起人兼役員の方は印鑑証明書計2通必要になります。
※定款等は当事務所で作成いたします。

株式会社設立登記までの流れ

設立チェックリストのご記入と相談

来所時もしくは来所前に、設立チェックリストのご記入をお願いしております。
商号・本店・事業内容等を確認させていただきます。

 

bullet034.gif

商号・目的等の調査、会社実印等の作成

ご希望の商号等がご希望の本店で登記された際の問題の有無(ex不正競争防止法に抵触する事案はないか)について調査いたします。
問題がなければ、会社の実印、銀行印等の作成をお願いします。

 

bullet034.gif

定款等登記必要書類(押印書類)の作成、送付

当事務所で押印書類を作成し、送付いたします。
押印後、返送していただきます。 

 

bullet034.gif

定款の認証

公証役場にて、定款認証をおこないます。
当事務所では電子定款認証に対応しておりますので、書面による定款認証で必要となる4万円の印紙は不要です。
(定款認証前に登記費用のお支払をお願いしております。)

 

bullet034.gif

資本金のお振込み

定款認証後、各出資者より発起人代表者個人の銀行口座へ出資金のお振込みをしていただきます。
通帳のコピーをいただき、払込を証する書面を作成いたします。 

 

bullet034.gif

法務局へ登記申請

登記申請日が株式会社設立日になります。

 

bullet034.gif

登記の完了

登記申請後、1週間から2週間程度で完了します。
完了後、定款、会社謄本等お渡しいたします。