Q.学生やフリーターでも対応していただけますか?

継続的な収入があり、分割返済が可能であれば任意整理の手段をとることはできます。
しかし、債務額が多い場合は自己破産を検討したほうがいいかもしれません。